自分の肌の色味と洋服の色味

おしゃれな外国人女性

レディースファッションの「色味」

洋服を決める時に、洋服の色って重要ですよね。
季節によっても選ぶ色は変わりますし、好みも大きく反映されてどんな色を選ぼうか迷ってしまいますよね。
レディースファッションは、様々な色味のある洋服が世の中に出回っております。
では、皆さんに似合う色味はどんな色なのでしょうか?

今回は皆さんの「肌の色味」に合う色をレディースファッションから選んでみましょう。

自分の肌の色味を知ろう


あなたは自分の肌の色味を知っていますか?  
肌の色味を知っておくと、レディースファッションの色を決める、決め手になるかもしれません。

人にはそれぞれ、肌の色がございます。
ただ単に「肌色」と一口に言っても、様々な「肌色」がございます。
ですから、自分の正確な肌の色を知ることが大切なのです。
しかも、その肌の色味によって、似合う色というのは、大きく変わってしまいます。
もし似合わない色のお洋服を着ていると、肌の色が暗く見えてしまったりして、顔の印象が違って見えたりもします。
レディースファッションでは肌の色を知るということはとても大切なので、よかったら参考にしてみてくださいね。

肌の色は、それぞれ4つの種類に分類することが出来ます。
spring、summer、autumn、winterです。
春夏秋冬に分けられていますが、これは実際の季節とは関係ありません。
季節から感じ取れるイメージと肌の色味のイメージが似ていることからつけられたのかもしれませんが、詳しくは知られていません。

そこから更に2つの分類方法があります。
ブルーベースとイエローベースです。
肌の色の、青みが強いか、黄色みが強いかということです。
上の春夏秋冬の4つを分けますと、「summer(夏)、winter(冬)」はブルーベースです。
「spring(春)、autumn(秋)」はイエローベースとなります。

例えば、springの方の肌の特徴は、血色がよく、明るく澄んだ印象があり、ほんの少し黄色みがかかった印象です。
summerの方は、透き通ったようなソフトなイメージがあり、ぼんやりと青みがかっています。
autumnの方は、黄みが強く、少しくすんだような落ち着いた印象です。
winterの方は、青白い印象があり、血色がよくありません。

また、spring、summerの方は皮膚が薄く、autumn、winterの方は皮膚が厚い傾向があるので、レディースファッションの中の化粧品を選ぶ時には、成分などの表示をよく見てから購入しましょう。

パーソナルカラー


今お話しさせていただきました、お肌の色味についてですが、これはパーソナルカラーというものです。

パーソナルカラーでは、他にも目の色や髪の色も見てから、spring、summer、autumn、winterに分類していきます。
レディースファッションでは、パーソナルカラーは役に立ちますので、自分や、周りの人にも当てはめて、使ってみてください。

では、髪の色についてもお話しさせていただきます。
springの方の髪は、明るい茶色をしており、透明感があります。
summerの方の髪は、ココアのような、くすんだ茶色です。
autumnの方の髪は、焦げ茶色で強い黄みがあり、深いブラウン色です。
winterの方の髪は、はっきりとした黒髪で、くすみのないツヤツヤした色味です。

目の色味についてです。
springの方は、虹彩の輝きがある明るい茶色です。中心の黒がよく見えます。
summerの方は、虹彩がぼやけていて、くすんだ茶色です。
autumnの方は、虹彩は暗くやわらかい黄みがあり、濃い茶色です。
winterの方は、虹彩は黒味が強く、暗色で白目と黒目のコントラストがはっきり分かります。

お肌の色を見る時には、スッピンで、髪の色も染めていない地毛の色、目もコンタクトをつけていない際にカラーチェックをしましょう。
また、日本人だけではなく、海外の方も参考にしていただけますし、レディースファッションを選ぶ際に、自分のパーソナルカラーを知っておくことはとても便利です。
レディースファッションを選ぶ時には、メイクをしているから当てはまらないと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、パーソナルカラーはメイクをしていてもあまり変わりません。
特に年齢を重ねていくにつれて、その印象が濃くなっていきます。
また、年齢を重ねていくと、どの方も黄みが強くなっていくという特徴があります。